ボケないために!歩くこととか、気持ちのハリを持つ

私も一人で1か月ほど家にいると、なんだか世の中から隔離された感じがします。
そして、元気もパワーも失われて行って、老化が進む気がしますね。

人と接すること、刺激を受ける事って大事なんだな、と思います。

あとは、好きな事を勉強したり、趣味に没頭したり、体を動かすのも大事。

私は以前、ずーっと座って仕事をして、ほとんど家から出ず、あまり人とも話さなかった時期が数か月あります。

そうしたらね、階段を下りるにも足ががくがくして、筋肉がなくなったのを実感しました。
たまに電車に乗ると、駅の階段がコワいんです。
ヒールなんてとてもじゃないけど履けない。

そして、階段を下りるときは、必ず手すりにつかまっていました。

自分でも、ほんとに不安になりましたよ。

それから、犬の散歩とかで一生懸命歩くようになり、毎日2回の散歩を続けること5年。
かなり足腰は丈夫になってきました。
もしかしたら、弱くなる前より元気カモってくらい。

そういえば、近所のおばあちゃんが、犬を飼って散歩させるようになってからまたスタスタ歩けるようになったと言っていました。

お年寄りが犬を飼う事の賛否は置いておいて、それまでは歩くのも杖が必要だったんですって!!

実際に体を動かしたことと、気持ちにハリが出てきたことが良かったんでしょうね~。
人間の秘められたパワーってすごいなーと思いました。

ボケ防止に若い人とつきあう、幼児や子供と接するのがいいと言いますね。
犬や猫も同じような若返りを与えてくれるものなんだな、と思いました。
何歳から女性用育毛剤を使うべきか