しっかりした90代

義母のことですが、93歳になるのにすべて一人でやってます。
ボケっていうのとは無縁な感じ。
耳もしっかり聞こえていて、話すスピードも昔と変わらない。
車いすとか杖も使わないしね。

もちろん歩くのはゆっくりだけど、しっかりした感じです。

きっと、一人でやらなきゃいけない、という気持ちが若さをキープしているのかな、と。
だれか頼る人がいたり、すべてをやってくれる人がまわりにいたらこんな風にはならなかったのかな、と。

とすると、精神もボケに関係あるのかなーと思います。

うちの母は、姉がずっと一緒にいて、晩年は家事を全部やってくれていて、本人は寝ていることも多かったから、ボケはしなかったけど体は衰えた。

まぁ、個人差は大きいだろうし、そうだと決めつけるわけにはいかないけどね。

逆に、しっかりしているから一人暮らしができるという事も言えるかもしれないし。

でも、年をとっても何か楽しみというかやることがあるといいとは思います。
年を取ったから何も楽しみがないと決めつけてしまうと、老化は加速していく気がしますからね。

若い頃とは違う楽しみ方というのを見つけたいなと思うこの頃です。
手芸なんかやったこともないけど、最近はそういうのもいいかな、と。

手先を使うのは大事ですからね~。
もちろんパソコンでブログを書くのもいいかも。
今は80歳以上の方もブログを書いていますから。
何事もやってみるとできるということかな。

80歳以上の人なんて、パソコンなどなかった時代をずっと生きてきたから、最初は大変だったと思います。
難しいことをやらなくても、最低限の事を覚えてやればいいんですもんね。
顔は毎日洗わなくてもいいというのは本当?